おっさんのお出かけ日記

普段はあまりお金は使わず、格安に一人旅をしています。たまに、子供と一緒。旅先で下手な写真を撮っています。

2018年3月 ジャンボフェリー

船旅が、一番贅沢に時間を過ごせる移動手段だと思っています。

飛行機や新幹線は、乗ってる時間も短いけど、単に移動してるだけって感じで、夜行の高速バスも非常に便利なんですが、一旦座席に座ると後は身動きがとれず、目的地まで寝てるだけって感じになります。

夜をまたぐ長距離の航路のフェリーは、大浴場やレストラン、売店等を備え、パブリックスペースに余裕を持たせて居心地のいい船が多いです。特に、新しい船は個室の割合も高く、相部屋も昔のような雑魚寝の大部屋は少なくなり、カプセルホテルのようなベッドが増えました。予算や好みに応じて、部屋や席を選べる快適な船が多くなっています。

言ってみれば、旅館やホテルが移動してるようなもので、デッキで潮風に吹かれて一杯飲んだり、パブリックスペースの窓際の席に座って文庫本を読んだり、眠くなるまで自由に過ごせます。最近は、週末を中心に軽音楽の演奏等のイベントをやってる船も増えました。

今回は、神戸~高松の短い距離のフェリー、ジャンボフェリーの記事です。

 

f:id:kanta1756:20190916192655j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916192751j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916192827j:plain

 

神戸~高松間のジャンボフェリー、フェリーりつりん、フェリーこんぴらの2隻で1日4往復、小豆島を経由して約4時間の航路です。

 運賃は大人片道1990円(2019年10月~)で、神戸~高松間では最も値段の安い移動手段です。土休日と深夜便はそれぞれ500円の割増し料金がかかります。

神戸を夜1時発の便は、週末には人が満杯になる時が多いです。最近のフェリーでは珍しく難民船状態になってます。休日+深夜で2990円になりますが、それでも他の交通機関より割安で移動できます。なので、特に観光シーズンの週末は、早めに乗り場で並ばないと座席の確保が難しくなります。高松到着が朝5時、高松駅までの無料の送迎バスがあります。小豆島到着が朝7時30分、早朝から活動できます。

フェリーとバスのセットのきっぷもあって、フェリーの深夜便と組み合わせると、0泊2日で、かなりの高松でかなりの長時間の滞在ができます。大人4500円~。これもリーズナブルです。他にも、各種の割引が設定されています。

船内は、高速バスのようなシートの座席と、フェリーお約束のカーペットの座敷があります。他にテーブルとソファーの席もあり、グループや家族にはいい感じです。深夜便では、別料金で個室の設定もあります。女性専用のエリアやファミリールームもあり、女性一人でも快適に過ごせるような設備になっています。

 

f:id:kanta1756:20190916193057j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916193118j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916193144j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916193209j:plain

 

船内のいたる所にコンセントがあるので、パソコンやスマホの充電に困る事はありません。

船内の売店では、うどん等の軽食も販売していて、それがけっこう美味しくて、中でもカレーうどんが特に美味しいです。

 

f:id:kanta1756:20190916193414j:plain

 

売店に、JRの格安きっぷや連絡バス(神戸港~三宮のバスは有料)の自販機があります。こういうのは、他の航路では見たことがありません。この航路だけのサービスです。

 

f:id:kanta1756:20190916193346j:plain

 

乗客のほとんどが、その存在に気づいてませんが、実は風呂もあります。トラックドライバー向けの風呂なんでしょうが、今まで何度か入りましたが、いつも私一人です。女性にはシャワー室が用意してあるらしいです。

 

f:id:kanta1756:20190916193242j:plain

 

この船、古い船ですが、乗客が快適に過ごせるように、あちこちを改修しています。経営は苦しいけど、あの手この手で頑張ってる感が伝わってきます。

瀬戸内芸術祭の関連で、ヤノベケンジさんのオブジェがデッキに鎮座してました。

 

f:id:kanta1756:20190916194717j:plain

 

この航路には何度も乗船してますが、神戸発は深夜1時の便、高松発は夕方4時半発の便にしか乗船したことがないので、他の便がどんな様子かはわかりませんが、週末は、どちらも混雑してる時が多いです。

神戸発の深夜便は、出港までや出港してからの夜景がきれいです。

 

f:id:kanta1756:20190916195028j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916195045j:plain

 

高松を夕方に出港する便なら、季節にもよりますが、瀬戸内海の夕景から夜景を楽しめます。

 

f:id:kanta1756:20190916210806j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916210837j:plain

 

f:id:kanta1756:20190916210858j:plain

 

ferry.co.jp